漫画の結末ネタバレならココ!

漫画コミックのあらすじやネタバレ結末や、みんなの感想をまとめてます!

良い祖母と孫の話【漫画】ネタバレ結末感想介護

<スポンサーリンク>

お祖母のぬくもりが息苦しい。良い孫であることに疲れた少女が祖母にしたことは!?「良い祖母と孫の話」を今回ご紹介。しょう子は、父親と二人暮らしの高校生。そこへ祖母が引っ越してきます。毎日お弁当を持たせてくれる祖母。でもしょう子は、弁当の中身をトイレに流し、菓子パンを買います。ある日、しょう子は箸を届けに来た祖母に、パンを食べている所を見られてしまいます。うわべだけの平穏な関係が崩れ、やがて祖母は壊れていき…。少女の罪と救いを心の成長を通して描く物語。感動の涙があなたを満たします。どんな最終回・結末を迎えるのか?が気になる、とても楽しみな作品です。「良い祖母と孫の話」のあらすじ・登場人物・ネタバレ・感想(口コミ)・無料試し読み情報をお届けします。

 

良い祖母と孫の話 (エッジスタコミックス)

 

著作:加藤片
1巻 完結

目次

 

良い祖母と孫の話 あらすじ

しょう子は祖母が作ってくれた手作り弁当を、学校のトイレに捨てた。それは祖母の暑苦しい愛情から逃れるための、彼女なりの行動だったが、罪悪感からは逃れられない。私、どこで失敗した? 何がいけなかった? 繰り返す自問自答は、しかし彼女をどこにも連れて行ってくれない。やがて祖母に異変がおこり、しょう子はいよいよ追いつめられる……。ネットで話題のあの衝撃作が、いよいよ電子書籍で発売。紙書籍版の収録作に、pixivで発表したオリジナル版『良い祖母と孫の話』を追加した特別編集版。私たちが求めていたマンガはこれだった。号泣せよ! 自省せよ!

 

 

 

 

 

良い祖母と孫の話 登場人物 

 

★しょう子(しょうこ)
高校1年生の女の子。父親と二人暮らしの所に、祖父に先立たれた祖母が引っ越してきます。祖母のいる生活に不満を押し殺していい孫を演じているつもりでしたが…。

★おばあちゃん
しょう子の祖母。夫に先立たれ、しょう子の所に引っ越してきます。精一杯生活に溶け込もうとしますがしょう子の冷たい拒絶に会い、次第に生気を無くしていきます。

 

良い祖母と孫の話 ネタバレ

ネタバレ前に無料試し読み!

ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメです!登録不要で、一番長く無料試し読みができちゃいます。下記リンクからトップページの検索で「良い祖母」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもせずに、すぐ読めます♪

⇒「良い祖母と孫の話」を無料で試し読みはこちら♪

 

 

ここから、ネタバレ・感想などを書いていきますね♪

 

 

ネタバレはここから

 

受験も迫った2月、しょう子は祖母が引っ越してくる事を父から告げられます。祖父が亡くなり、父娘二人の所に身を寄せるという事でした。
高校に入り、祖母との生活が始まります。学校に提出するプリントはチラシと一緒に片付けてしまうし、食卓にはなじみの無い食べ物が並びます。祖母の育てる植木も増え、しょう子は居心地が悪くなってきます。
祖母は無農薬野菜で手作りした弁当をしょう子に持たせます。でも今まで、出来合いのパックを気ままに買い食いしてきたしょう子にとって、祖母の作った弁当は、嫌なにおいのする、食べたことのない安心できない物でした。それを口には出さずに、しょう子はトイレに弁当の中身を流す。便器の前で、持っていた弁当箱をかたむけると「ボトン」「ベシャ」という音を立てて中身が落ちる様子は、あまりにリアルで衝撃的です。
ある日しょう子は家に箸を忘れ、学校に届けにきた祖母に菓子パンを食べているのを見られてしまいます。帰宅すると祖母はいつも通り「お弁当どうだった?」と聞き、しょう子も「おいしかったよ」と応える。嘘をついた後ろめたさに「私だっていつも我慢してきた…息が詰まりそう!」と自分に言い訳するしょう子。しかし翌日祖母が用意した昼食は、レジ袋に入った菓子パンと飲み物のパックでした。
祖母は、知っていたのです。
祖母は、弁当を作らなくなりました。叱りもせず、嫌みの一つも言わず、パンを買う祖母。しょう子のイライラは募るばかりです。とうとう「もういいんだよ…私もお父さんも一人で何でもできるから 何もしなくていいから」と、強い拒絶の言葉を祖母にぶつけてしまいます。
祖母は料理をしなくなり、物忘れや徘徊をするようになります。認知症を発症し、施設に引き取られます。
「なんで?私どこで失敗した?なにがいけなかった?」自分を責め苦しむしょう子。父親が、祖母の誕生日に、自宅で三人で食事することを提案します。その日三人でしょう子の作った料理を食べている時に、祖母は料理をこぼしてしまいまう。立ち上がる父親に祖母は「大丈夫です!私一人で何でもできます!放っておいてください」と叫ぶ。
それはしょう子が、以前祖母に言った言葉でした。複雑な思いになるしょう子。そんな時、学校の行事でなんでも一人でやってしまおうとするしょう子に友人が率直な気持ちを伝えてきます。「その笑い顔なんなの?イライラすんの…。たまには自分の思ってる事言ってみたらどうなの」作り笑いと、うわべだけの付き合いを見抜かれ、しょう子は、自分がよい孫・完璧な友達であろうとして、実は人と向き合うのが怖くて、拒絶していただけだったと気づくのでした。
最後、河原で車いすに乗った祖母と散歩するしょう子の間には、温かいやんわりとした空気が流れています。「感じたことを自分の言葉で伝えられるようになりたい ちゃんと人とぶつかれるようになりたい」祖母に告白して詫びるしょう子。「今更なんだけど 今まで本当に あのねえ」。
祖母としょう子のラストシーンに号泣すること間違いなしです!

 

良い祖母と孫の話 感想・口コミ

どの年代の人が読んでも身につまされて心がチクリと痛むんじゃないかと思います。人を受け容れることの難しさと大切さを教えてくれる漫画です。

自分には、祖父祖母がいないけど、 もし同居していたら、主人公と同じようにしていたかもしれない。 思春期ってどうしても身内から孤立したくなる時期だったし、一番構われたくない時期だった。身内といる自分がどこか、恥だったり。。  自分が大人になり、社会を知り、親の苦労を利害できて、ようやく素直になれた頃には手遅れだったりするんだよね。 最後の、何気ない事で祖母の記憶が戻ったシーンはとても温かい気持ちになれたと同時に、少しでも主人公の心が軽くなれたかなぁと思った。

 

良い祖母と孫の話 を無料試し読みする方法

「まんが王国」は数あるコミックサイトでも多くの無料試し読みができます。

下記リンクからトップページへ行くと、検索欄があります。そこで「良い祖母」と検索ですぐ読む事ができます会員登録もアプリも不要ですのでオススメです

⇒「良い祖母と孫の話」の無料試し読みはこちら♪

コミックサイトでも人気オススメの漫画ですし、他の面白い作品も無料で試し読みができるのでぜひ、読んでみてくださいね♪