漫画の結末ネタバレならココ!

漫画コミックのあらすじやネタバレ結末や、みんなの感想をまとめてます!

名づけそむネタバレあらすじ感想試し読み

<スポンサーリンク>

名前には魂が宿っているのでしょうか。普通の人間の、でもちょっと普通じゃない、人生の転機を切り込みながらも優しく導くオムニバス形式の名前にまつわる10の短編集。漫画「名づけそむ」をご紹介。どんな最終回・結末を迎えるのか?が気になる、とても楽しみな作品です。「名づけそむ」のあらすじ・登場人物・ネタバレ・感想(口コミ)・無料試し読み情報をお届けします。

 

名づけそむ (FEEL COMICS)

 

著作:志村志保子
1巻 完結

目次

 

名づけそむ あらすじ

「名前」を持つすべての人に捧ぐ、10の物語。 「名前は子供への最初のプレゼントだとは、よく言ったもんね」18年前に夫と娘を捨て、男と逃げた三津江(みつえ)(51)。パート先の文具売り場で、結婚を控えた娘と再会する。娘を捨てた母と、母に捨てられた娘。その邂逅は希望か、悲しみか。(第1話)  「私は一生、男の人に愛されることも、名前を呼んでもらえることもないんだろう」恋人いない歴=年齢の愛子(あいこ)(29)。駅のホームで自殺未遂と誤解された現場を、知り合いの男子高生に目撃されてしまい……?(第2話)  あなたの心に優しく爪を立てるような――――志村志保子という「文学」。痛みと癒し、そして救いのオムニバスストーリー。

 

 



 

 

名づけそむ 登場人物 

 

★坂野三津江(さかのみつえ)(1話)
51歳。18年前に夫と娘を捨てて男と駆け落ち。現在はスーパーの文房具売り場でパート勤務。一人暮らし。

★優花(ゆうか)(1話)
三津江が18年前に捨てた娘。

★愛子(2話)
29歳。会社員。

★リクト(2話)
愛子の上司の息子。高校生。

 

名づけそむ ネタバレ

ネタバレ前に無料試し読み!

ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメです!登録不要で、一番長く無料試し読みができちゃいます。下記リンクからトップページの検索で「名づけそむ」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもせずに、すぐ読めます♪

⇒「名づけそむ」を無料で試し読みはこちら♪

 

 

ここから、ネタバレ・感想などを書いていきますね♪

 

 

ネタバレはここから

 

(1話)三津江は、パート先の文房具売り場で18年前に捨てた娘 優花に声をかけられ、結婚式への出席を懇願されます。捨てた娘の結婚式に出られるわけがないとは思いながら、服や祝い金等準備をしていましたが、ある日元夫が店に訪ねてきて、結婚式に出席するなと言われてしまいます。

(2話)29歳=彼氏いない歴の愛子は、駅のホームで立ちくらみをおこしてしまうが、周りの人には自殺と疑われてしまいます。その現場に居合わせた、上司の息子リクトに誤解されないよう説明するのです、何故か人生相談をしてしまいます。

(3話)カフェでバイトをするファザコン気味の沙織は、年配の客の岸野が気になっているが、妻を亡くして以来岸野が店に来なくなってしまいます。しかし噂で岸野が家に女性をあげていると聞き様子を見に行くと、玄関から女性が出てくるのを見てしまいます。

 

名づけそむ 感想・口コミ

小学生の時、母親に名前の由来を聞いてみました。母は姉の名前の語感にあわせたと言いました。それが本当だったのか、今でももうわからないのですけど。そんな昔話を思い出しました。1話の三津江が最後に名前をわざと間違えたのは優花にとって良かったことなのか考えてしまいました。いつか優花は母親の気持ちに気づくのでしょうか。

すごく好きな漫画だと思いました。優しいタッチと、共感出来るお話ばかりで、一つのテーマに対して本当に様々な角度から繊細に描写されていて涙ぐむ場面も多々ありました。 なんだか優しい気持ちになれました。

普段感じないようにしている小さなひっかかりをつついてくるそんな漫画でした。 心のどこかに人から愛されたいと私も思っているのかもしれないと。 どのお話も好きでした。 私は2、4、9が特に好きです。

 

名づけそむ を無料試し読みする方法

「まんが王国」は数あるコミックサイトでも多くの無料試し読みができます。

下記リンクからトップページへ行くと、検索欄があります。そこで「名づけそむ」と検索ですぐ読む事ができます会員登録もアプリも不要ですのでオススメです

⇒「名づけそむ」の無料試し読みはこちら♪

コミックサイトでも人気オススメの漫画ですし、他の面白い作品も無料で試し読みができるのでぜひ、読んでみてくださいね♪