漫画の結末ネタバレならココ!

漫画コミックのあらすじやネタバレ結末や、みんなの感想をまとめてます!

ちいさいひと青葉児童相談所物語ネタバレあらすじ感想

<スポンサーリンク>

漫画「ちいさいひと 青葉児童相談所物語」をご紹介。青葉市にある児童福祉相談所で日々寄せられる児童相談、DV・育児放棄だけではない様々な虐待から子供を保護していく。主人公・相川はさわやかに熱く、子供たちを暗闇から救い、キラキラした毎日へ導いていく・・・・1日に6人は子供がなくなっているという現状はもう「知らない」では済まされない。どんな最終回・結末を迎えるのか?が気になる、とても楽しみな作品です。「ちいさいひと」のあらすじ・登場人物・ネタバレ・感想(口コミ)・無料試し読み情報をお届けします。

 

 

ちいさいひと 青葉児童相談所物語(1) (少年サンデーコミックス)

著作:夾竹桃ジン水野光博小宮純一
6巻 完結/9話 未完結

目次

 

ちいさいひと 青葉児童相談所物語あらすじ

増え続ける児童虐待。すべての子どもたちの幸せのため、駆け出し児童福祉司の相川健太は今日も奮闘する! サンデーでのシリーズ連載開始以来、大きな反響を呼んだ真剣ドラマシリーズが、ついに単行本化!! その命を救うため、その笑顔を取り戻すため、日々戦う大人たちがここにいる!

 

 



 

 

ちいさいひと 青葉児童相談所物語 登場人物 

★相川健太

新米児童福祉司22歳。過去に児童虐待をされ、保護された経験がある。

 

★長澤 彩香

相川と同期の一時保護所の保育士

 

★藤井

青葉児童福祉相談所の副所長。相川の子供のころ、保護した児童福祉司

 

★佐藤涼子

莉子6歳・愛莉2歳の子を持つシングルマザー。実家は裕福な家庭ながら育児放棄が疑われている。

 

 

ちいさいひと 青葉児童相談所物語 ネタバレ

ネタバレ前に無料試し読み!

ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメです!登録不要で、一番長く無料試し読みができちゃいます。下記リンクからトップページの検索で「ちいさいひと」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもせずに、すぐ読めます♪

⇒「ちいさいひと 青葉児童相談所物語」を無料で試し読みはこちら♪

 

 

ここから、ネタバレ・感想などを書いていきますね♪

 

 

ネタバレはここから

主人公・相川健太は新米児童福祉司として青葉市に採用され、児童福祉相談所での日々が始まった。配属初日から物語は始まる・・・児童福祉相談所にはひっきりなしに相談の電話がかかり、所内はバタバタそこに副所長の藤井が現れ、所内の案内をしてくれた。児童福祉相談所の中には一時保護所があり、保護された児童が2カ月を目安に預けられる。一見、元気に見える児童たちだがそれぞれにそれぞれの事情・傷を抱えている。その日から相川は研修を受け、一人前の児童福祉司になる。翌日、副署長に連れられて地域の警察・児童福祉司・保健師等が集まり情報共有するミーティングに参加し、保健師から一件気になる家庭がある事を聞く。それが佐藤涼子の家族だった。先輩である塚地と保健師と共に佐藤涼子の家に訪れたが祖母がインターフォンでのみ話してくれるだけで、子供の愛莉と莉子には会わせてもらえなかった。次の日涼子から「子供は元気でやってるからほっといてほしい」と苦情のような電話がかかってきたが、もう一度家を訪ねたが、また追い返されてしまう。そしてまた掛って来た母親からの苦情の電話を、相川が取ることになった。出てみるとかなりヒステリックを起こした状態から、子供が危ないのではないかと先輩に持ちかける。緊急会議をへて、強制的に家に入る許可がおり、愛莉と莉子を保護しに行く。愛莉と莉子は、同じ敷地内の建物の中に閉じ込められていた。あまり食事をとっていないためにやせ細り、妹の愛莉はうまく飲み込めない嚥下障害があり脱水症状を起こしていた。母親はつかまり、子供たちは一時保護所に入所することになった。相川は、子供のころ母親から虐待を受けもう少しで命を落とすところを副所長の藤井に保護されたていた・・・そして、その頃の自分を重ねるように、掛ってくる児童相談に向き合っていく・・・

 

 

ちいさいひと 青葉児童相談所物語 感想・口コミ

小さい子どもの世界は親がすべてであることがほとんどです。そんな中で虐待が起こってしまえば逆らえない子どもたちは命を削る一方になってしまうのです。健太のような職員ばかりではないですし、虐待からどれだけの子どもが守ってもらえるのかは分かりませんが、少しでも虐待が減って、健やかに過ごせる子ども達が増えてほしいと願います。

 

テレビを見ても本を読んでも虐待ばかり、、うんざりします。もちろんフィクションもありますがノンフィクションがあるからフィクションが存在します。虐待に原因や条件はあるのでしょうが、私は我が子が高熱を出していれば代わってやりたいと思うし血を出して痛がっていれば自分のことのように心が痛いです。これは偽善でしょうか。私も条件が揃えば虐待するのでしょうか。自信がなくなります。 自分を含め人間は恐ろしい動物であると認めざるを得ず悲しくなります。

 

私は、実際母親から過度の暴力を受けながら育ち、マンガにあるような本題行動を学校でやってきました。クラスメイトの足にエンピツを刺したり、ウソをついて大人の注目をひいたり。同級生の男の子から怖がられる程に暴力的な小学生だったようです。 その後、父と母が離婚し父方へ引き取られた私は、あれが本来あるべき母親の姿でない事を周囲から学び、問題行動に対する父の理解などがあって、現在30代を迎えました。 そんな私が現在妊娠4ヶ月。 正直言うと、自分もそうなってしまうのではないかと心配でなりません。 ただ、この漫画を読んで、主人公の考えや行動に勇気を貰えるようになりました。過去の自分と戦い、重ね合わせながらも自分も成長していく。 私も、そんなお母さんになりたいと思います。 「何があっても味方でいてあげる」その言葉に涙が止まりません。

 

今4ヶ月の息子を育ててます 正直育児は思ったより大変ですがちいさいひとを読んで自分自身このような母親にならないように一生懸命息子を育ててます せっかく産まれたのに虐待が現実だと思うと泣けてきます。

 

  

ちいさいひと 青葉児童相談所物語を無料試し読みする方法

「まんが王国」は数あるコミックサイトでも多くの無料試し読みができます。

下記リンクからトップページへ行くと、検索欄があります。そこで「ちいさいひと」と検索ですぐ読む事ができます会員登録もアプリも不要ですのでオススメです

⇒「ちいさいひと 青葉児童相談所物語」の無料試し読みはこちら♪

コミックサイトでも人気オススメの漫画ですし、他の面白い作品も無料で試し読みができるのでぜひ、読んでみてくださいね♪