読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画の結末ネタバレならココ!

漫画コミックのあらすじやネタバレ結末や、みんなの感想をまとめてます!

虐待の家【漫画】あらすじ感想ネタバレ

虐待の家【漫画】あらすじ感想ネタバレ

現代に潜む社会問題“虐待”に特化した漫画「虐待の家」を今回ご紹介。5つの事例を用いて、現代に根付く負の部分に迫ります。第一話は「無数の棘」。父親からの虐待を受けて育ったひとみにとって、躾=暴力を振るうことでした。しかし、かつての同級生みっちゃんとの再会がひとみの考え方を変え、虐待の連鎖を断ち切る機会に・・・・なるのでしょうか?子どもを持つ大人にぜひ読んでいただきたい作品です。どんな最終回・結末を迎えるのか?が気になる、とても楽しみな作品です。どんな最終回・結末を迎えるのか?が気になる、とても楽しみな作品です。「虐待の家」のあらすじ・登場人物・ネタバレ・感想(口コミ)・無料試し読み情報をお届けします。

 

 

 

f:id:geinou0923:20160710122847j:plain

 

著作:なかのゆみ
2巻 完結

目次

  

虐待の家 あらすじ

虐待、病気など社会的なテーマの作品で定評のある、なかのゆみ作品集。度重なる虐待から心の中にいくつもの人格を作り出してしまった少女が母親になった時、繰り返される悪夢を描く「無数の棘」、両親に認められなかったことから過度の承認欲求不満に陥り我が子を愛せない「心の穴」など、5作品を収録。虐待の連鎖に迫ります。

 

虐待の家 登場人物 

★羽村 ひとみ(はむら・ひとみ)

夫と一人の息子持つ主婦。父からの虐待を受けて育ったため、息子の躾も暴力に頼ってしまう。

★直人(なおと)

ひとみの一人息子。子どもらしい子どもであるが、ひとみの虐待のせいで少し叩かれたくらいでは泣かない耐性がついてしまっている。

★満(みつる)

ひとみの夫。ひとみにも直人にも無関心。

★みっちゃん

ひとみの過去を知る学生時代の同級生。看護師として働いており、理名(りな)という娘がいる。13年ぶりにひとみとの再会を果たす。

 

虐待の家 ネタバレ

ネタバレ前に無料試し読み!

ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメです!登録不要で、一番長く無料試し読みができちゃいます。下記リンクからトップページの検索で「虐待の家」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもせずに、すぐ読めます♪

⇒「虐待の家」を無料で試し読みはこちら♪

 

 

ここから、ネタバレ・感想などを書いていきますね♪

 

 

ネタバレはここから

主婦の羽村ひとみ(はむら・ひとみ)はある日、掃除中に新聞をまき散らす息子の直人(なおと)にカッとなり、持っている掃除機で息子を殴ってしまいます。直人はその勢いで机の角に頭をぶつけ、さすがに心配になったひとみが直人を連れて病院へ。軽い脳震とうとわかりホッとしていたところ、そばを通った看護師から声をかけられます。彼女は、ひとみの学生時代の同級生みっちゃん。13年ぶりの再会でした。息子の怪我は、その場を取り繕うために「階段から落ちた」ということで済ませ、昔話に花が咲きます。そして今度の休日、ひとみがみっちゃんの家へ遊びに行くことになりました。
みっちゃんは、いじめられっ子だったひとみをいつも助けてくれた人物です。小2で母が亡くなり、父の虐待が増した時も、みっちゃんは綺麗な洋服を用意してくれたし、みっちゃんちに行ってはおやつを貰っていました。中学を卒業してからは逃げるように上京し、夜学へ通い、バイト先で知り合った満(みつる)と同棲します。その間に直人ができました。ひとみにとって、子どもなんてうるさくていやな存在なのに、夫は育児を押し付けるどころか「テレビの音が聞こえないから泣き止ませろ」という始末。いつも命令するばかりでひとみは疲労困憊でした。
みっちゃんの家へ遊びに行く日です。みっちゃんにも娘の理名(りな)がいるため、直人と外で遊ぶことに。しかし、直人は綺麗に干されているシーツを汚い手で触ってしまいます。ひとみはいつものように直人をはたきました。これを見たみっちゃんは驚きますが、ひとみは「躾って悪いことをしたらぶって教えることでしょ?」と何が悪いのかわからない様子。みっちゃんは虐待の連鎖を痛感します。その後、ジュースをこぼす直人に対して、またもやひっぱたくひとみ。そこでみっちゃんは、「カッとなったら10数えなさい。腹が立ったら20数えなさい」と諭します。一方直人の様子はと言うと、泣いていません。ぶたれることで耐性が強くなっているのです。これは、更に暴力が強くなる可能性を秘めていました。
その後、みっちゃんのお隣に住む田川さんと3人で談笑をしていると「共働き」の話題が出てきました。生活にゆとりができるし、私も働きたいというひとみに田川さんは、夫の便利屋でのバイトをすすめます。主婦生活で息が詰まりそうだったひとみに光が見えてきた瞬間でした。また、絵本を読み聞かせることや、子どもと手をつなぐことの大切さも知ります。
そしてみっちゃんはひとみに、直人の面倒は見ている間に少し休むことを提案。眠るひとみの衣服からチラッと見えるお腹には、父が酔って包丁を刺し、傷口に塩を塗り込んだという痛々しい傷が見えていました。みっちゃんは、ひとみを突然訪ねて日常を見ることを決めます。何かが動き始めようとしていたはずだった…。帰宅後、満はひとみにこう切り出します。「離婚してくれ。気持ち悪いんだよ おまえ時々顔つきちがってくるし おかしいんだよ」

 

虐待の家 感想・口コミ

見ていられないというほどの暴力描写は出てこないので、少し安心しました。物語が良い方向へ進もうとしたところでの新たな展開は手に汗握ります。これから「ハッピーエンドになって欲しい」という願いから、思わず次のページを捲っている作品です。

虐待や児相に関する漫画は他にもあるけど 私が読んだ中では一番温かい漫画です。 子育て中に読めば子供をいつもより穏やかな目で見れると思います。 でもこんな話ばかりなら 連日報道される虐待ニュースはないだろうし そもそも虐待死はありえない。 

 

このストーリーのような、近所や病院や児童相談所の対応が現実に沢山あれば...。と願ってしまいました。子育て中の人におススメです。

 

虐待の家を無料試し読みする方法

「まんが王国」は数あるコミックサイトでも多くの無料試し読みができます。

下記リンクからトップページへ行くと、検索欄があります。そこで「虐待の家」と検索ですぐ読む事ができます会員登録もアプリも不要ですのでオススメです

⇒「虐待の家」の無料試し読みはこちら♪

コミックサイトでも人気オススメの漫画ですし、他の面白い作品も無料で試し読みができるのでぜひ、読んでみてくださいね♪

 

それでも僕らはヤってない感想ネタバレあらすじ結末

それでも僕らはヤってない感想ネタバレあらすじ結末

漫画「それでも僕らはヤってない」をご紹介。異性との経験がない事をテーマにした3巻未完結の漫画です。晃介と陶子を中心にそれぞれの話の主人公と言えるキャラが「経験がない」事を悩みながらも、自分自身と向き合って前に進んでいく気持ちの良い話です。年を取ればとるほど経験があって当然だという雰囲気の現代の中で、性関係があるかどうかより、自分にとって大切な事は他にも山ほどある、という事を思い出させてくれます。経験の有無や生活に悩んでしまっている方は是非読んでみてください。どんな最終回・結末を迎えるのか?が気になる、とても楽しみな作品です。「それでも僕らはヤってない」のあらすじ・登場人物・ネタバレ・感想(口コミ)・無料試し読み情報をお届けします。

 

 

それでも僕らはヤってない 1巻 (芳文社コミックス)

 

著作:村山渉
3巻 未完結

目次

  

それでも僕らはヤってない あらすじ

時田晃介(29歳)は大手住宅メーカーに勤め、充実した社会人生活を送っていた。この年になっても女性経験がないことが悩みの彼は、かつて想いを寄せていた同級生と再会する。昔と変わらない笑顔に、相手もまだ処女かもしれないと期待する時田だが…。

 

それでも僕らはヤってない 登場人物 

★時田 晃介(ときた こうすけ)

大手住宅メーカーに勤務する29歳独身。女性経験がない事を悩んでいるが想い人が居るため、チャンスがあっても無駄にしてしまう。

★芹沢 亜矢奈(せりざわ あやな)

夜はキャバ嬢をしている大学生。経験が無い事を黙って晃介に関係を迫るが断られる。実は想っている人がいるし夢も持っている。

★藤野 陶子(ふじの とうこ)

晃介の想い人。バツイチで現在実家に帰ってきていて、母親とモデルハウスを見に来た時に偶然再会する。

★小林(こばやし)

晃介の上司で40代のモテ親父。奥さんを亡くして居るためバツイチである。ノリが良く女好きかと思いきや亡くなった奥さんが忘れられず指輪を外せなかったり、可愛がっている芹沢の背中を押してあげる優しさも持ち合わせている。

 

それでも僕らはヤってない ネタバレ

ネタバレ前に無料試し読み!

ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメです!登録不要で、一番長く無料試し読みができちゃいます。下記リンクからトップページの検索で「それでも僕らはヤってない」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもせずに、すぐ読めます♪

⇒「それでも僕らはヤってない」を無料で試し読みはこちら♪

 

 

ここから、ネタバレ・感想などを書いていきますね♪

 

 

ネタバレはここから

初体験を迎える事無く29歳になってしまった晃介。上司に連れられて行ったキャバクラで、亜矢奈に童貞だと散々からかわれていました。しかも、その後ホテルに誘われ関係を迫られてしまいます。責任を取れない。と逃げ出した晃介には実は想い人が居たのです。その人のために守っているわけではなく、単にこじらせていただけなのですが、偶然勤め先のモデルハウスに想い人・陶子がやってくるのです。そこで陶子はバツイチで経験済みだと知り、自分との経験値の差を悩む晃介でしたが上司である小林が、背中を押してご飯に誘う事が出来ました。けれども陶子は期待を持つことを怖がり一度はご飯を断ります。その後、すぐ母親に応援されて、晃介の元へ行こうとしますが、そこには晃介に迫る亜矢奈の姿がありました。陶子に振られたと思い、亜矢奈に誘われるままホテルへ入り、子どもを作ろうと迫られましたがやはり一線を越える事は出来なかった晃介。翌日、陶子にホテルへ行った事と、まだ童貞である事をカミングアウトしたうえで、今度はお付き合いを申し込んだのです。童貞であるが故の純粋さを信じた陶子は、その申し入れを受け入れたのです。これからこの二人を中心に新たな物語が始まりますが、それぞれが持つ葛藤をお見逃しなく!

 

それでも僕らはヤってない 感想・口コミ

年齢を重ねる毎につい考え過ぎて、身動きが取れなくなる経験が誰しもあるのではないでしょうか。初体験が無い事で自信を失ってしまうのではなく、誰よりも純粋に愛する人との未来に夢を持っても良いのではないかと思わせてくれました。例え経験があったとしても生活、仕事、人間関係などあらゆる悩みは尽きません。経験があるかないかではなく、自分に自信を持って道を切り開きたいものですね。

男女間の悩みはつきものです。童貞であることを悩んでいながら~裏には純粋な心があって、人となりに惹かれていく作品です。純な気持ちを教えてもらえました。

 

それでも僕らはヤってないを無料試し読みする方法

「まんが王国」は数あるコミックサイトでも多くの無料試し読みができます。

下記リンクからトップページへ行くと、検索欄があります。そこで「それでも僕らはヤってない」と検索ですぐ読む事ができます会員登録もアプリも不要ですのでオススメです

⇒「それでも僕らはヤってない」の無料試し読みはこちら♪

コミックサイトでも人気オススメの漫画ですし、他の面白い作品も無料で試し読みができるのでぜひ、読んでみてくださいね♪

 

鬼虫ネタバレ感想あらすじ結末

鬼虫ネタバレ感想あらすじ結末

漫画「鬼虫」をご紹介。文明が栄える事無く、島の理にのみ従い続けて生きてきた島の住民は自分たちの生活に疑問を持つことはなかった。その島に漂流者・マナメが流れついた頃から島に変化が起こり、島の巫女・クウロウはその変化をマナメのせいにする。生き残るためにマナメが起こす争いが島中に広がった頃、地震が起こり住民は島を出る決断を強いられた。どんな最終回・結末を迎えるのか?が気になる、とても楽しみな作品です。「鬼虫」のあらすじ・登場人物・ネタバレ・感想(口コミ)・無料試し読み情報をお届けします。

 

 

鬼虫(1) (ビッグコミックス)

 

著作:柏木ハルコ
5巻 完結/62話 完結

目次

  

鬼虫 あらすじ

女と女の戦いも、命がかかればエグさ倍増。文明から隔絶された絶海の孤島で繰り広げられる、情念入り乱れたサバイバルゲーム!土着的宗教を信仰し原始的な生活を営む人々。島民は皆半裸で過ごし、女は逞しく屈強であった。そんな島に、都の文化を知る都会の華奢な女が流れ着き、島の平穏な日々は終わりを告げる。閉鎖社会の異分子として排除される運命にあった漂流者だったが、そんな彼女にもまだ生き残りの武器は残されていた。それは「女」と「文明」…。

 

鬼虫 登場人物 

★ トラゴ

幼い頃にタナ姉を誘って舟に乗ったところ流されてしまいタナ姉は亡くなってしまった。その時の事をずっと苦しんでいて、タナ姉に似ているマナメをかくまってしまう。

★ ククリ

トラゴの幼馴染であり夫である。幼い頃タナ姉が流されてしまった時に原因を作っていたが誰にも言えず悩んでいる。

★クウロウ叔母

島の権力者で巫女の立場にある。クウロウの言葉は協力で誰も逆らわず、漂流者の扱いも決められる。

★マナメ

都会から漂流して来た。島には無い文明の知識を持ち、島の女性にはない女性らしさを武器に島の男性を誘惑し、漂流者の裁きを逃れる。

 

鬼虫 ネタバレ

ネタバレ前に無料試し読み!

ネタバレの前に、作画の雰囲気や無料試し読みしたいなら電子コミックの「まんが王国」がオススメです!登録不要で、一番長く無料試し読みができちゃいます。下記リンクからトップページの検索で「鬼虫」と入力すれば、会員登録もアプリのダウンロードもせずに、すぐ読めます♪

⇒「鬼虫」を無料で試し読みはこちら♪

 

 

ここから、ネタバレ・感想などを書いていきますね♪

 

 

ネタバレはここから

幼い頃、トラゴ・タナ姉・ククリは仲の良い幼馴染だったが、『トラゴがタナ姉を船に誘った』『ククリがカニを捕まえようと舟を繋いであった縄を触ったら外れてしまう』という不運が重なり、タナ姉は海へ流されてしまったのです。その事をずっと悔やんでいたトラゴの元にタナ姉に似た漂流者が流れ着きました。島では漂流者は災いを呼ぶとされ、巫女クウロウはマナメを捨ててくるように言いつけました。マナメを助けたいと思ってしまったトラゴとククリは島の住民に内緒でかくまってしまいます。その頃から島に災害の兆しが現れ、クウロウは不審に思い始め、ついにマナメは見つけました。災害を知らなかった島の住民は島に起こる不吉な出来事をすべてマナメのせいにして殺してしまおうとするのです。命からがら逃げだしたマナメは助かるために知恵と女性の魅力を使い、島の男たちを虜にしていきました。裏切られた女性たちは怒り、争いは島を2分にしてしまいます。小さな島に起こる『人同士の争い』は島そのものを飲み込んでいきます。そこへ起こってしまった地震…鬼島に住む人々の運命はどこへ向かうのでしょうか。

 

鬼虫 感想・口コミ

文明が発達する事や人の知識が増える事は重要な事です。未だにその土地独特の文化を守り続けている地域も多いと思いますが、文化を守る事と変化を拒否する事は同じではありません。未来に向けて新たに風を巻き起こすことはそれぞれ個人にも言える事だと思わされる作品でした。

男女とも筋肉質でがっしりしてて原始人のような身なりです。小さな島に70人位の村人がいます。主食はたぶん芋です。他は魚やマンボウの肉やアシカなんかも食べてました。そんな村に1人の女性が現れて山が噴火するなどの災いが起きました。結末が気になって最後まで読んでしまいました。

 

鬼虫の好きな所は女が異常に逞しく屈強な所ですね!そして怖い。めちゃ怖い。。ガタイもよく、喧嘩は男をぶっ飛ばす勢いで、もう強いのなんのって。お乳もどかーんと丸出しです。爽快だったのは、マナメが放った弓が顔をかすったときの女たちのぶちキレた表情ですね。怖い。とにかく怖い。でも爽快(笑)屈強な女たちの筆頭に物語の中心をゆくトラゴがいます。大人になった彼女の登場シーンは、「フーフー」息をはずませ、両手に捕らえた鳥をわんさか携え、穴からボゴっと這い出て来るという衝撃的なものです。

 

波瀾万丈なストーリー展開と、登場人物のキャラクターが魅力的で、一気に読んでしまいました。とにかく、登場する女たちの、いろんな意味での逞しさが圧巻です。私が一番感情移入したのは、島長の女性です。部族を率いるシャーマンの生きざまに共感して、すごく元気をもらいましたね。

 

題名に惹かれ試し読みしました!読んでいくうちに、島の掟や習わし、原始的な内容が面白くあっと言う間に読んでしまいました!今後の展開が楽しみです!

 

  

鬼虫を無料試し読みする方法

「まんが王国」は数あるコミックサイトでも多くの無料試し読みができます。

下記リンクからトップページへ行くと、検索欄があります。そこで「鬼虫」と検索ですぐ読む事ができます会員登録もアプリも不要ですのでオススメです

⇒「鬼虫」の無料試し読みはこちら♪

コミックサイトでも人気オススメの漫画ですし、他の面白い作品も無料で試し読みができるのでぜひ、読んでみてくださいね♪